分野別専門学校の解説



服飾専門学校

 

 

ファッション関係の専門学校を選ぶには服飾の専門学校があります。ファッション関係の専門学校を卒業した場合の就職先として主なものには、アドバイザーがあります。今最も企業が必要としている人材がこの「アドバイザー」なのです。

 

 

アドバイザーとは、自社のファションブランドのイメージをユーザーに対してアドバイスしてさらにうまくコーディネートできる人です。
そのほかの職種としては、スタイリスト、デザイナー、パタンナー、デザイン企画者などがあります。
パタンナーとは、デザイナーの描いたデザイン画から図面をおこして型紙を作る人のことです。
コンピュータのCADシステムなどを利用して製図します。

 

 

専門学校に入学すると、1年目でスカートやブラウス、ジャケット、ワンピース、パンツなど基本的な服を個人作成します。
2年目でイベントやショー製作などのグループ製作を行います。
そして卒業前にある卒業製作が最終課題となるのが一連の流れです。

 

 

作った作品は作品発表会を授業の中で行ったり、大きなものでは学園祭などでファッションショーを行って発表したりします。
さらに熱心に勉強したい人には、海外研修を取り入れている専門学校もあります。
自由参加で行きたい人だけが参加するパターンやカリキュラムに取り入れていて全員参加するパターン、修学旅行として行くパターンなど様々です。
海外の行く先も学校によって違います。
海外研修に興味のある人は、入学前に確認して学校選びのポイントのひとつとして考えてみてください。