分野別専門学校の解説



介護専門学校

 

 

昨今の高齢化社会において老人福祉施設も急激に増えています。そんな中今必要とされる人材に介護福祉士があります。介護福祉士になるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

介護福祉士になるために必要なことは資格を取得することです。
資格を取得するには大きく分けると2つの方法があります。
厚生労働大臣つまり国が指定した専門学校などの養成施設にて勉強して卒業して資格を得るか、実務経験を3年以上積んで国家試験を受けて取得する方法です。
介護福祉士の資格を得てから、実際の現場に就職することを考えると国に指定されたきちんとした専門学校で学んだ方がおすすめです。

 

 

介護福祉士のための専門学科では、介護概論や介護の技術、形態別の介護技術、老人福祉論などの専門強化を学びます。
他にもレクリエーション、法律、コンピュータ、速記、コミュニケーションなどの教養科目もあります。
この教養科目については専門学校によって違いますから、専門学校を選ぶ際に見比べて選ぶようにしましょう。

 

 

専門学校に入学するには、一般入学と推薦入学の2つの方法があります。
推薦入学の選考方法では書類によるものと面接などがあります。
一般入学でも同じく書類によるものと面接があり、学科の筆記試験があるところもあります。
このように福祉関係の学科を受験する場合はほとんどの場合面接試験があります。

 

 

学校によっては、ボランティア活動を行っている人に対してその行動を重視する特待生制度を取り入れていることがあります。
一般的に成績を重んじる特待生制度もあります。